【菊花賞】バビット10着 先行も最後バテた…内田「リズム良く運べたが」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

<菊花賞>10着に終わり引き揚げるバビット(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 破竹の4連勝で3番人気に支持されたバビットは10着。玉砕気味の逃げを打つキメラヴェリテの2番手は予想通り。2周目の坂の下りもうまく折り合い、先頭で直線に向いたがラスト300メートルで馬群にのみ込まれた。内田は「(キメラヴェリテが)行くのが分かっていたのでスタートを出して2番手。リズム良く運べたが最後はバテてしまった。こういうメンバーは初めて。そういうところを今後、乗り越えてほしい」とエールで締めた。 レース結果

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月26日のニュース