【オールカマー】ミッキースワロー、楽な手応えで併入 菊沢師「体は仕上がっている」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

併せで追い切るミッキースワロー(左)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 天皇賞・春3着のミッキースワローはWコースで併せ馬。ロジポルカ(4歳1勝クラス)を5馬身追走し、直線は内へ。強めに追われた僚馬とは対照的に楽な手応えのまま併入した。菊沢師は「間隔が空いた分、気持ちがフワッとするところはあった。急激に変わったとかはないが、体は仕上がっている。今はトモがしっかりしたので馬も走っていて苦しくないんだと思う」と前向きだった。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月24日のニュース