【オールカマー】今週も長期休養明けが穴!?オウケンムーン動き抜群

[ 2020年9月24日 05:30 ]

オウケンムーンはカレンブーケドール(右)と坂路で併せて追い切る(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・美浦=23日】中山月曜10Rで、1年4カ月余ぶりの復帰戦だったモクレレが2着と好走。休み明けも素質馬だけに侮れないと予想では対抗印にした武本。激安だが3連単も的中した。今週もそんな素質馬を探していると、オールカマー登録馬に長期休養明けの2頭を発見。1年11カ月の休養明けのオウケンムーンと、1年8カ月ぶりのジェネラーレウーノだ。どちらも18年のクラシック皆勤の実力馬。復帰を心待ちにしていたファンも多いはず。

 オウケンムーンを管理する国枝師は「モクレレが休み明けでも頑張ってくれたように頑張ってくれるんじゃないかな」と笑顔。同馬は18年共同通信杯を制覇。菊花賞(18着)後に脚部不安から休養を余儀なくされたが、ついに表舞台に復帰する。坂路での追い切りは僚馬カレンブーケドールと併せ馬。1馬身先行し、最後はいっぱいに追われながら1馬身半遅れたが「長く休んでいたけど、十分じゃないかな」と師は及第点を与えた。超久々でも侮れない1頭になりそうだ。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月24日のニュース