【オールカマー】クレッシェンドラヴ、“絶好調男”内田の闘魂注入!「力強さが出てきた」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

3頭併せで追い切る内田博幸騎手のクレッシェンドラヴ(手前)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中山日曜メインの「第66回オールカマー」では、絶好調・内田博幸(50)騎乗のクレッシェンドラヴ(牡6=林)がWコースで力強い走りを披露した。

 今の内田は報道陣が逃さない。バビット(先週のセントライト記念をV)と挑む菊花賞への意気込みを一通り聞かれると、次は今週末のクレッシェンドラヴの取材がスタート。「いいですね。こうやって囲まれるのはジョッキーとして幸せなこと。今年は真っ赤に燃えていますよ。ほら!」。真っ赤なウエアに身を包んだ50歳。盛り上がった胸筋をさらに張って見せた。

 ラヴの最終追いはWコース。その背には内田。4コーナーは僚馬2頭よりかなり外を回ってきた。内田は「追い切りで動く馬なので内に入ると物足りなくなる」と意図を説明。先行2頭よりきついコース取り。それでも直線はパワフルに差を詰めていく。最後まで馬なりだが、ラストは馬体を併せたラージヒル(4歳3勝クラス)に半馬身先着した。林師も「本当に予定通りのいい追い切りができた。想定した通りの理想的な形でレースに臨める」と大満足の出来だ。

 ラヴは調教から内田が密に携わって成長してきた。昨年オールカマーは5着に敗れたものの、その後の3戦で重賞を2勝。特に前走・七夕賞はトップハンデ57キロ&約半年ぶりの休み明けを問題にせず勝ち切った。内田は「この夏を越えてまた力強さが出てきたし、少しずつ力を付けてきた。今日もさすがだなという動きだった」と6歳秋にしての完成を伝えた。

 バビット→ラヴでの2週連続重賞Vとなれば、7月のラジオNIKKEI賞→七夕賞の再現。快速型&追い込み型と正反対のタイプの2頭を巧みに導けるのが内田の技だ。「まだ若い者には負けないぞという気持ちが大切ですね。だけど、本当に大事なのは僕のことより厩舎にタイトルを持ってくること」。最後はベテランらしく周囲への気遣いを見せた内田。50歳秋が赤く、熱く燃えてきた。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月24日のニュース