【神戸新聞杯】パンサラッサ、休養効果で楽々12秒8 過去最長2200m挑戦も矢作師は手応えあり

[ 2020年9月24日 05:30 ]

パンサラッサと併せて追い切るステイフーリッシュ(右)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 パンサラッサは坂井を背に坂路でステイフーリッシュ(オールカマー出走)と併せ馬。終始手応えに余裕を残しながら4F53秒4~1F12秒8をマークした。矢作師は「気が良くて仕上がり早のタイプ。いい休養を取れて、いい仕上がりです」と満足顔。

 今回はこれまでで最長となる2200メートルに初挑戦。「ロードカナロア産駒だけど、母系のモンジューが出ていて距離は長くてもよさそう」と距離克服に手応えありだ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年9月24日のニュース