【神戸新聞杯】絶好調ロバートソンキー、坂路4F50秒5!林師「速力のあるいい動き」

[ 2020年9月24日 05:30 ]

 ロバートソンキーは坂路で4F50秒5~1F12秒4の猛時計。強めに追われ、大きく先行したグログラン(5歳2勝クラス)に併入した。「いつも動く馬だけど速力のあるいい動きでした。潜在能力を評価していて、これから強い馬たちと走らせてどこまでやれるのかが楽しみ」と林師。

 水曜時点で神戸新聞杯への出走は決まっておらず、東京で行われる自己条件まで待つ可能性もある。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月24日のニュース