【クイーンS】ビーチサンバ、併せ馬で好感触 ラスト1F11秒8

[ 2020年7月30日 05:30 ]

レッドアネモスと追い切ったビーチサンバ(手前)(撮影・千葉茂)
Photo By スポニチ

 2頭出しの友道厩舎。ビーチサンバは僚馬のレッドアネモスと札幌芝コースで併せ馬。ビーチサンバが先行したが、最後はレッドアネモスが追い上げて併入した。5F65秒5~1F11秒8と、まずまずのタイム。手綱を取った藤岡康(レースは福永)は「バランスが良くて、いい走りができていました。先週よりも良くなっている感じです」と手応えがあったことを口にした。初めての札幌の舞台にも、クロフネ産駒だけに力のいる馬場は向いていそうだ。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年7月30日のニュース