【大井・マイルGP】ミューチャリー復活V!御神本「この距離で結果を出したのは大きい」

[ 2020年7月30日 05:30 ]

マイルグランプリを快勝したミューチャリー
Photo By スポニチ

 「第27回マイルグランプリ」(S2)が29日、大井競馬場で行われた。2番人気ミューチャリーが中団追走から直線、鋭く抜け出し優勝。昨年4月の羽田盃以来の重賞制覇を決めた。矢野師は地方通算重賞26勝目。同馬には「第67回日本テレビ盃」(G2、9月30日、船橋)への優先出走権が与えられた。

 5カ月ぶりの実戦。世代最強と呼ばれた4歳馬が充電に成功して復活ののろしを上げた。強烈な末脚。中団追走から直線、馬場の中央に持ち出すと御神本のステッキがうなった。残り200メートルでトップスピードに入る。一気に前をのみ込んだ。残り100メートル。先に抜け出したグレンツェントに外から並ぶと一気にかわし、1馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。

 「またがった時からリフレッシュして、いい状態と感じていた。自分でレースをつくるのが難しい馬なので末脚に徹したが、よく伸びた。速い流れに対応できたのが大きかった」と振り返った御神本。会心の勝利に「この距離で結果を出したのは大きい。適距離なら中央相手でも…」。続く言葉はのみ込んだが次走に予定される、権利を獲った日本テレビ盃で結果を残すつもりだ。  

 ◆ミューチャリー 父パイロ 母ゴッドビラブドミー(母の父ブライアンズタイム) 牡4歳 船橋・矢野義幸厩舎 馬主・石瀬丈太郎氏 生産者・北海道新冠町の芳住鉄兵氏 戦績13戦6勝(南関東11戦6勝) 総獲得賞金1億2160万円。

続きを表示

「2021 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2020年7月30日のニュース