【新潟ジャンプS】フォイヤーヴェルク、強めにラスト1F12秒4 池江師「順調に調整できている」

[ 2020年7月30日 05:30 ]

 2連勝中と勢いに乗るフォイヤーヴェルク(牡7=池江)は障害コースで最終調整。4F55秒3~ラスト1F12秒4を強めに追われた。池江師は「順調に調整ができている。状態は前回と同じくらい」と感触を口にした。

 前走の障害オープンは早め先頭から振り切り、昇級の壁をあっさり突破。「実戦を使うたびに飛越は上手になっている。相手が強くなり距離も延びるので、その辺が課題かな」と伝えた。重賞初挑戦でタイトル獲得を目指す。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年7月30日のニュース