【クイーンS】カリビアンゴールド、上昇実感11秒7 藤岡康「牝馬同士なら楽しみ」

[ 2020年7月30日 05:30 ]

 洋芝と好相性のカリビアンゴールドは、藤岡康を背に札幌芝コースでキビキビした脚さばき。ラスト1Fは11秒7で駆け抜けた。鞍上は「しまいの反応を見る程度。使って状態は上がっているし、いいコンディションで出られそうです」と好感触。

 昨年の当レースも3着に好走しており、札幌&函館の北海道では8回走って7回も馬券に絡んでいる。「昨年もいいレースをしているし牝馬同士なら楽しみ」と期待を寄せた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年7月30日のニュース