【新潟ジャンプS】メドウラーク、直線をサッと伸ばしてソフト調整 北沢「間に合った」

[ 2020年7月30日 05:30 ]

 新潟ジャンプS(8月1日)でJ・G3・2勝目を狙うメドウラーク(牡9=橋田)は北沢を背にCWコース単走。1週前に6F81秒3の好時計をマーク。直線をサッと伸ばしてソフトな調整で最終追いを済ませた(6F85秒4~1F12秒1)。

 北沢は「動きは悪くなかった。2週続けてCWコースで追い切って何とか間に合いました」とホッとした表情。前走・中山グランドJは無念の競走中止だった。「前走は向正面で脚をぶつけて、大事を取って(馬を)止めました。年齢的にズブさが出てきたので無理して行かなくてもいいのかも」と控える競馬を示唆した。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年7月30日のニュース