【七夕賞】斉藤崇×北村友、ヒンドゥでもう一丁

[ 2020年7月9日 05:30 ]

北村友一騎手を背にCウッドで併せ馬で追い切るヒンドゥタイムズ(左)
Photo By 提供写真

 【東西ドキュメント・栗東=8日】午前4時前、栗東市に大雨警報が発令。寺下は防災アナウンスで目が覚めた。雨は降っていたが、それほど濡れずに調教スタンドに到着。開門して15分後、七夕賞に出走する斉藤崇厩舎の2頭がCWコースに現れた。北村友が騎乗したヒンドゥタイムズは僚馬リュヌルージュを内から一気にかわし1馬身先着。調教を終えた鞍上が、スタンドに引き揚げてきた直後だった。

 天気が急変。暴風雨が吹き荒れ、馬場にたまった水が“海”のように波打ちだした。北村友は「ギリギリ終えられて良かった。“もってます”ね」と安どの表情。調教の動きについては「並び掛ける時も楽でしたし、反応も抜群。福島のコース形態も合っていると思います」と期待を寄せた。

 「このあと、調教に4頭乗るんですけど大丈夫かな?」と天気を心配したが、徐々に回復。調教終了前には雨もやんでいた。斉藤崇厩舎&北村友は宝塚記念をクロノジェネシスでV。勢いに乗るコンビに注目だ。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2020年7月9日のニュース