【三国・ボートレース甲子園】前沢、切れ味抜群「つながりも良くてレースしやすい」

[ 2020年7月9日 05:30 ]

 2日目8R、茨城代表の前沢丈史はカドから3艇の内を突く差し。先マイした渡辺、2コース差した今垣と一瞬並んだかと思うと、グッと加速して差し切り勝ち。前沢は「足はいいですね」と手放しで称賛。「水をしっかりつかんでターンでも押している。一番いいのは行き足。つながりも良くてレースしやすい」と特長を解説。切れ切れのレース足だ。ここまで3、3、1着。まだ1号艇を残しており、今日の7R5号艇が正念場となるか。大崩れしなければ準優好枠が見えてくる。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2020年7月9日のニュース