【福島新馬戦】サトノフォーチュン好時計連発!国枝師「ディープ産駒らしい」

[ 2020年7月9日 05:30 ]

 今週は各場で芝中距離の新馬戦が組まれており、良血馬、評判馬が登場する。福島日曜5R(芝2000メートル)は良血サトノフォーチュン(牡=国枝、父ディープインパクト)に注目だ。半兄グレイトパール(父キングカメハメハ)はダート重賞を2勝。国枝師は「兄とはタイプが違って、芝向きの軽さがある。ディープ産駒らしいね」と話す。2週連続で馬場が悪いWコースで好時計をマークしており、「前向きで水準以上の動き。長い距離が合っていそうだし、馬場が悪くなってもこなせるタイプ」と期待した。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月9日のニュース