【七夕賞】クレッシェンドラヴ、伸び伸び12秒3 内田「力がついてきた」

[ 2020年7月9日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るクレッシェンドラヴ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 昨秋の福島記念覇者クレッシェンドラヴは半年ぶりの実戦。Wコースでスイートクラス(3歳未勝利)と併せ馬を消化した。2馬身追走で内から並びかけて併入。5F66秒6~1F12秒3をマークした。騎乗した内田は「やんちゃなところがあったけど緩和してきたね。先週びっしりやっているし、力がついてきた」と納得の表情だ。「福島は合うし、雨も大丈夫。あとは休み明けでどれぐらい走れるか」とポイントを挙げた。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月9日のニュース