【函館新馬戦】ルメール絶賛!ロジモーリス初陣へ「勝てる」

[ 2020年7月9日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・函館=8日】函館も雨。しかし、ルメールから「見て。ヤバくない?」と、この日の栗東トレセンが荒天となった動画(どこから入手したのだろう)を見せてもらい、比べるまでもない雨量と知った菱田は奮い立って雨ガッパを脱ぎ捨てた。

 一方、しっかりと雨ガッパを着込んだルメールはこの日6頭目となる最後の追い切りに向かった。またがったのは日曜の芝1800メートルでデビューする新馬ロジモーリス(牝=国枝、父モーリス)で、Wコースで併走馬を3馬身追走から併入。5F72秒2~1F13秒0を馬なりで計時した。

 「跳びが大きくてパワフルストライド!乗りやすい。物見もしないし、堂々としてまるで古馬みたい」と賛辞の言葉を並べるや、最後に「勝てると思う」とドキッとする言葉。勝負事だから勝ちも負けもあるが、こういった本心を聞くと応援したくもなる。モーリスは注目の新種牡馬だが、産駒はまだ勝ち星がない。「知っている」とルメールは笑み。モーリス産駒の初勝利はこの馬だな。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「シリウスS」特集記事

2020年7月9日のニュース