【七夕賞】パッシングスルー、3頭併せでパワフルな動き 黒岩師「上位争いできる」

[ 2020年7月9日 05:30 ]

3頭併せで追い切るパッシングスルー(左端)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 3戦ぶりに芝を使うパッシングスルーが好気配だ。最終追いは戸崎を背にWコース3頭併せ(5F65秒7~1F12秒5)でパワフルな動き。黒岩師は「積極的に乗り込んでしっかり負荷をかけながらも馬体が増えていて成長を感じる。雨が心配だけど、実績ある条件に戻るのは楽しみだし、上位争いができると思う」と好感触を伝えた。古馬重賞は先週まで2週連続で牝馬がV。今週も牝馬が怖い。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月9日のニュース