【10日京都新馬戦】グランデマーレ 古馬を子供扱い 長距離に手応え充分

[ 2019年11月8日 05:30 ]

 日曜京都5R(芝1800メートル)のグランデマーレ(牡=藤岡、父ロードカナロア)は稽古が圧巻。いっぱいに追われた1週前の坂路で4F52秒4~1F12秒2の豪快な切れ味。併走相手をちぎって捨てた。CWコースでの最終追いは藤岡佑が騎乗し5F65秒6、併せた2勝クラスの古馬を子供扱い。藤岡師は「バランスが良くて伸びのあるフットワーク。長い距離が合うのは間違いない。初戦から期待できる」と手応え十分だ。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年11月8日のニュース