16年フェブラリーS覇者モーニン引退…種牡馬入り 石坂正師「よく頑張ってくれました」

[ 2019年11月8日 08:37 ]

16年のフェブラリーSを制したモーニン(右)
Photo By スポニチ

 16年フェブラリーS、18年コリアスプリントを制したモーニン(牡7=石坂正、父ヘニーヒューズ)の引退が決まった。今後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬になる。「長い間よく頑張ってくれました」と4年半の現役生活をねぎらいつつ「ヘニーヒューズの血をつないで、いい子を出してほしい」とエール。通算成績は28戦8勝、10月26日のスワンS18着がラストランになった。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年11月8日のニュース