東日本大震災から8年…福島出身田辺と江田照が勝利

[ 2019年3月11日 05:30 ]

 11日、東日本大震災から8年を迎えるが、10日の中央競馬では福島県出身ホースマンの活躍が目立った。二本松市出身の田辺は中山3、6Rの2勝。特に3R(クリスタロス)は福島市出身・大江原師とのコンビで挙げたものだった。白河市の東、浅川町出身の江田照は中山1RをV。同騎手は9日も2勝を挙げており、存在感を示した。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2019年3月11日のニュース