【先週の新馬戦】人気薄Vシュッドヴァデル、昇級でも楽しみ

[ 2019年3月11日 05:30 ]

 東西とも土曜日に1鞍ずつ行われた。中山(ダート1800メートル)のアルカイクスマイルは前半から軽快なスピードを見せ、2着馬に3馬身半差をつけて逃げ切り。520キロの超大型牝馬で、まだまだ伸びしろが見込めそうだ。阪神(ダート1800メートル)はブービー14番人気のシュッドヴァデルが好位から力強く抜け出した。稽古ではそれほど目立つ動きではなかったが、実戦で見事な変わり身。502キロの雄大な馬格があり、まだ上積みが見込めそう。昇級でも楽しみだ。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2019年3月11日のニュース