【金鯱賞】2着リスグラシュー 直線外から伸びた「勝ち馬が強かった」

[ 2019年3月11日 05:30 ]

金鯱賞で2着に終わったリスグラシュー(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 5番人気の牝馬リスグラシューが2着。出遅れたが、直線外から鋭く伸び、ダノンプレミアムに迫った。道悪にもしっかり対応して地力強化をうかがわせた。初騎乗のシュタルケは「もう少しペースが流れてくれれば良かったが、いいレースはできた。それにしても勝ち馬が強かった」と満足そうな表情でコメントした。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年3月11日のニュース