【アネモネS】ルガールV「余裕」で桜切符!三浦も高評価

[ 2019年3月11日 05:30 ]

<アネモネS>レースを制し桜花賞の優先出走権を獲得したルガールカルム(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中山では桜花賞TR「アネモネS」が行われ2番人気ルガールカルムが快勝。2着レッドアステルと共に本番の優先出走権を獲得した。

 道中はバラけて先行した3頭を見る形で4番手。縦長になった展開の中団で折り合った。3〜4角で外をまくって進出すると、残り200メートルで抜け出す。外から迫ったレッドアステルを楽々と振り切った。着差は3/4馬身だが「着差以上に余裕があった」と三浦。「いい位置を取って、この馬のリズムで追い出せた。自分で競馬をつくっての勝利。次につながるし堂々と本番に行ける」と胸を張った。

 田村師も過去に本番で好走した管理馬2頭を引き合いに手応えを隠さない。「ソーマジック(08年3着)メジャーエンブレム(16年4着)より小柄だが、切れ味はこの馬の方が凄い。しっかり疲れを取って本番に向かいたい」と1カ月後の大舞台を見据えていた。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2019年3月11日のニュース