【まるがめ・オーシャンC】満潮は内枠有利…干潮時はまくり

[ 2017年7月12日 05:30 ]

まるがめ水面図
Photo By スポニチ

 ≪まるがめ水面≫瀬戸内海に面する河口に位置し水質は海水。小潮でも干満差が2メートルほどあり潮位差による影響を受けやすい。水位が高い満潮時はターンが流れやすく内枠が有利。干潮時は1Mから2Mへ海水が流れる構造になっており、まくりが決まりやすい。

 風向きは年間を通してホーム向かい風か左からの横風が多く、台風接近などの特別な状況を除けば比較的穏やか。最近1年間のイン1着率は全国平均の51・5%に対しまるがめは50・2%。全国平均に近い数字を残しており、干満差を除けば癖のない水面といえる。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年7月12日のニュース