ゴールドシップ初年度産駒大人気!上場された4頭全て売却

[ 2017年7月12日 05:30 ]

 今年の当歳が初年度のゴールドシップ産駒は、上場された4頭全てが売却された。最高価格は母が米G2を制している「マイジェンの2017」(牡)で、里見治氏が5000万円で競り落とした(所属厩舎は未定)。

 里見氏は「ヤンチャだから、うまくコントロールできるか心配。ちゃんと走れるようになってほしいですね」と優しいまなざし。父を手掛けた須貝師も「シップの当歳の時とよく似ている。毛色も同じ芦毛だしね」と話した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年7月12日のニュース