【ユニコーンS】2連勝中アンティノウス「牡馬らしい筋肉に」

[ 2017年6月15日 05:30 ]

 2連勝中のアンティノウスはWコースで3頭併せ。僚馬に挟まれる形で直線を迎え、内から迫るオープン馬のプロディガルサン(4歳)に併入した。

 しっかり追われた時計は5F68秒4〜1F13秒1。国枝師は「相手がプロディだったけどいい感じ。前走から急激に変わったところはないけど、牡馬らしい筋肉になってきた。重賞でもやってほしい」と期待を込めていた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2017年6月15日のニュース