重賞6勝クラレントが浅屈腱炎発症、引退へ…今後は乗馬に

[ 2017年6月15日 05:30 ]

 12年富士Sなど重賞6勝のクラレント(牡8=橋口)が14日、右前浅屈腱炎を発症したことが判明、現役を引退することが決まった。

 橋口師は「この春もいい競馬をしていたし、残念ですが、父の厩舎から引き継いでよく頑張ってくれました」とコメント。近日中に競走馬登録を抹消、今後は乗馬になる予定(場所は未定)。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2017年6月15日のニュース