【桜花賞】メイショウスイヅキ 追わずに伸びてラスト12秒1

[ 2016年4月7日 05:30 ]

CWコースで追い切るメイショウスイヅキ

 メイショウスイヅキはCWコース単走でいつになく折り合って、ラストは追われずとも上々の伸び。馬なりで6F83秒7~1F12秒1を刻んだ。昨秋のサフラン賞(6着)以来の手綱となった松山は「少し掛かるところはあったけど、以前に比べると乗りやすくなりました。動きもまずまずでしたよ」とコメント。

 レースに向けては「馬の後ろに入って折り合いたい。それだけに外枠は嫌ですね」と希望を口にしていた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年4月7日のニュース