【桜花賞】デンコウアンジュ 時計以上に軽快“使った上積みある”

[ 2016年4月7日 05:30 ]

CWコースで追い切るデンコウアンジュ

 1週前が併走びっしりのデンコウアンジュはCWコース単走で軽く仕掛けた程度だが、ラスト1F12秒1は時計以上に軽やかだった。付きっきりで調教をつける川島(レースは川田)は「前走はメイチに仕上げていなかったし、使った上積みはある。以前のように走りがぶれるところもなくなってきた」と好感触。

 昨秋アルテミスSではメジャーエンブレムを撃破。「あの馬を倒しているのは、この子しかいませんからね」と“唯一無二”の実績をアピールした。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2016年4月7日のニュース