【桜花賞】シンハライト“弾んだ” あっさり2馬身先着、池添手応え

[ 2016年4月7日 05:30 ]

池添を背に坂路併せ馬で追い切られ、力強い走りを見せたシンハライト(右)

 チューリップ賞でジュエラーを破って無傷3連勝を決めたシンハライトは、坂路で自己ベストをマーク。万全の態勢で東の2歳女王を迎え撃つ。

 圧倒的な完成度を誇る2歳女王に、良血馬らしいセンスの良さで立ち向かう。チューリップ賞を制して3戦3勝のシンハライト。池添は「2歳女王は前走で強い競馬をしていたけど、1対1で戦うわけじゃない。シンハライトもトライアルを勝ったんだし、堂々と向かっていける」と力強い。その手応えは最終追い切りを終えて、2倍にも3倍にも膨らんだはずだ。

 先週と同じく僚馬イフリート(3歳未勝利)を先導役に坂路へ。序盤の2Fは前を見ながらじっくりと。中間点を過ぎてからジワッと並びかけて、ラスト1Fでスパート。“弾む”という言葉がぴたりと当てはまるバネの利いたフットワークでグイグイと伸びた。自己ベストとなる4F51秒9をマークし、あっさりと2馬身先着。池添は開口一番、「いい状態で行けます」と仕上がりに胸を張った。

 「先週は馬なりで気合をつける程度だったけど、今週は強めにしっかりと。正直、紅梅Sはいい状態だと感じなかったんですが、それからどんどん良くなって、前走はリラックスしていいリズム。その雰囲気のまま、いい感じで来ていますよ」

 報告を受けた石坂師も、やるべきことはやったと言わんばかりの晴れ晴れとした表情だ。「強い関東馬がいるし、強い前走の2着馬もいる。勝ち切るのは難しいでしょう」と敬意を払いつつ、「大きなチャンスだと思っている」と野心を隠すことはない。4年前のこのレースを、後の3冠馬ジェンティルドンナで制しているが、手応えは当時に勝るとも劣らない。

 「ジェンティルは桜花賞の時、決して前評判が高くなかったし、チューリップ賞の前には熱発もあった。その点、シンハライトは心配材料もなく、順調に来ていますからね」

 ややもすると、いつもは素っ気なく映る石坂師が、妙に明るい。それは自信の表れか。打倒2歳女王へ、“チーム・シンハライト”の雰囲気は最高潮だ。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2016年4月7日のニュース