【からつ・全日本王者決定戦】石野 豪快カドまくりでG1・5勝目

[ 2016年1月25日 05:30 ]

通算5度目のG1制覇を果たした石野

 ボートレースからつのG1開設62周年記念「全日本王者決定戦」の優勝戦が24日12Rで行われ、石野貴之(33=大阪)が、カド4コースからコンマ08の快ショットを決め、豪快にまくり切った。からつ周年初Vを飾るとともに、通算5回目のG1制覇。石野は「16年最初のG1を勝てて、いいリズムで行けそうですね」と笑った。石野に続いた井口が2着、道中接戦を制した地元の古賀が3着に入り、3連単は4万円を超えるビッグ配当となった。

 昨年は2度目の載冠となった三国オーシャンカップを含むSG5優出と、季節、場所に関係なくエンジンを出し続けた。「優勝戦はかなり出ていた。チャンスはあると思ったし、スタートしてからも出て行きましたから。今年は昨年以上を目指したい。年末に照準を合わせたいです」と抱負を語った。

 昨年のグランプリでは絶好の展開となりながらも、スタートを行き切れず戴冠を逃した。その屈辱を晴らすような今年最初のG1奪取。今年は一段と強い石野を見せてくれそうだ。

 ◆次走 原田幸哉、井口佳典の次走は31日からの大村一般戦。服部幸男、吉田拡郎、山口剛らと優勝を争う。田中信一郎の次走は29日からのまるがめ一般戦。新美進司、竹上真司、山本隆幸らが出場。石野貴之の次走は30日からの津一般戦。中谷朋子、永井源、松田祐季らが出場。古賀繁輝の次走は2月2日からの宮島一般戦。金子良昭、深川真二、石橋道友らが参戦。渡辺雄一郎の次走は30日からの三国一般戦。今垣光太郎、柏野幸二、武田光史らとVを争う。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2016年1月25日のニュース