【根岸S】8歳も充実期レーザーバレット 中央重賞初Vだ

[ 2016年1月25日 05:30 ]

 年明けの中山開催が終了し、今週から中央競馬の舞台は東京へ。開幕週の日曜メーンは1着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられる根岸S。昨年暮れの兵庫GTを快勝したレーザーバレットが、中央重賞初Vを狙って出陣する。

 今年で8歳と年齢的にはベテランの域に入ったが、今が充実期というムードが漂う。武蔵野S2着から臨むタガノトネール、4歳の新星モーニンなど豪華な顔触れだ。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2016年1月25日のニュース