【中山新馬戦】7番人気ガイアトウショウが豪快差し切りV

[ 2016年1月25日 05:30 ]

 中山3R新馬戦(ダート1200メートル)は、7番人気のガイアトウショウ(牝=杉浦、父デュランダル)が、メンバー最速の脚(上がり3F38秒1)で外から豪快な差し切りV。

 柴山は「外に出してからいい脚だった。初戦とは思えない走りで、いいものを持っている」と称賛。杉浦師は「いきなりからはどうかなと思っていたが、気性が前向きなところが出たね」と勝因を語った。次走は未定。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2016年1月25日のニュース