フジ 鈴木京香降板の「この素晴らしき世界」 若村麻由美が代役で話数削減も「大きな影響はなかった」

[ 2023年7月7日 15:23 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 フジテレビは26日、東京・台場の同局で定例会見を行い、鈴木京香(55)が体調不良で主演を降板した7月期の連続ドラマ「この素晴らしき世界」(木曜後10・00)について言及した。

 同作は平凡な生活を送る主婦が、ひょんなことから芸能界で活躍する大女優に成り済ましながら二重生活を強いられるというコメディー。主人公は1人2役のような役柄となる。代役には若村麻由美が決定し、6月中にクランクインした。

 大多亮専務は「かなり早い段階での鈴木京香さんの降板という状況でしたので、そして、若村さんに早く代役を決めていただいたという影響もありまして、現場的には大きな影響はございません」としたが「1話スタートが遅れたりとか、本数が短くなっているみたいなことが正直ある」と説明。

 なお、鈴木の降板が決まった当初のような混乱はないといい「撮影も順調に進んでますし、そういった意味では大きな影響はなかった」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2023年7月7日のニュース