高畑淳子7年ぶり「ドクターX」に歓喜!鬼の看護師長・白木淳子 ガールズバー転職 海老名&原先生と再会

[ 2021年11月29日 06:00 ]

12月2日放送の「ドクターX~外科医・大門未知子~」第8話で7年ぶりに再登場する高畑淳子(C)テレビ朝日
Photo By 提供写真

 女優の高畑淳子(67)がテレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)に7年ぶりに出演することが分かった。12月2日に放送される第7シリーズ第8話に、高畑が第3シリーズ(2014年)で強烈なインパクトを残した鬼の看護師長・白木淳子が再登場。高畑は「超~うれしかったです!」と歓喜。「私、白木さんが大好きなんです。かわいそうなほどの真面目さというか…『白木さん』っていうドラマ、できないですかね」と愛着を示した。

 誕生から10年目を迎えた同局の看板医療ドラマ。100年に一度のパンデミックの中、日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に“絶対に失敗しない女”大門未知子(米倉涼子)の活躍を描く。

 看護師一筋ウン十年、大奥の異名を持つ看護部を仕切り「国立高度医療センター」内でも恐れられる存在だった白木。自分にも他人にも厳しく、誇りと凄みに満ちた“看護師魂”、ストレスを発散する休日1人カラオケの際の哀愁、大好きな麻雀を打つ時のお茶目な一面など、その生き様と人となりが視聴者を魅了。第3シリーズの人気キャラクターとなった。

 今回、白木が現れるのは第6シリーズ(19年)にも登場したナースコスプレのガールズバー「ナースステーション」。「東帝大学病院」の看護師・大間正子(今田美桜)も以前アルバイトをしていた場所で、なぜか白木も現在働いている。そこへ今シリーズ第4話(11月4日)で秋田の分院に飛ばされた海老名敬(遠藤憲一)が、外科医・原守(鈴木浩介)と連れ立って来店し…という展開。

 高畑は「いや~、いい感じでした。サクッと、お二人とも、すぐ昔の感じでお話ししてくださって!エンケンさんは顔色も良かったし、コウスケくんは元気オーラいっぱいで(笑)」と久々の再会に大喜び。白木節満載の最高に笑える“邂逅シーン”となった。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月29日のニュース