ミッツ 人生初炎上は峯岸みなみへのイジりが原因「お店にも電話かかってくるし、大変で。身を守るのが」

[ 2021年9月17日 18:18 ]

ミッツ・マングローブ
Photo By スポニチ

 タレントのミッツ・マングローブ(45)が17日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演し、ゲスト出演した元AKB48のタレント峯岸みなみ(28)をめぐる炎上騒動を振り返った。

 10年ほど前に、「AKB48対オネエタレント」といった主旨の番組で知り合い、それから仲良くなったという。峯岸が「こてんぱんにブスだと言われ」とイジり倒されたことを明かすと、ミッツは「ブスとは言ってないわよ。『ゾウが歩いてる』って言ったのよ」とさらにひどい暴言を明かし、笑わせた。

 当時、大ブレークしていた国民的アイドルグループだけに、過激なファンも多かったという。峯岸は「アイドル全盛だったので、私のファンがミッツさんを攻撃しに行っちゃって」と振り返ると、ミッツも「10年目だから、炎上みたいなのが真新しいころで、これが噂の…って。いわゆるネットでの攻撃もそうですし、お店にも電話かかってくるし、大変で。身を守るのが」と、身の危険すら感じたという。

 峯岸が「私もアイドルだったんだって、その時思った」と話すと、ミッツは「『こんなゾウみたいなアイドルのために死ぬの、絶対嫌だ』って言って、『(番組制作の)日テレさんにどんなことがあっても守って下さいよ』と言った」と笑いを取っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月17日のニュース