RADWIMPS野田&武田「非常に違和感」 桑原彰「不倫問題」で活動休止、メンバーの前で涙の謝罪も

[ 2021年9月17日 21:47 ]

「RADWIMPS」桑原彰
Photo By スポニチ

 元モデルの20代女性との不倫が文春オンラインで報じられたロックバンド「RADWIMPS」のギタリスト、桑原彰(36)が活動を休止する。17日、バンドの公式サイトで発表された。

 ボーカルの野田洋次郎(36)とベースの武田祐介(36)は公式サイトに「今回、RADWIMPSのメンバーであるギターの桑原の個人的な件でお騒がせしています。僕たちが何かコメントを残すべきなのか迷いはありましたが、自分たちの気持ちは普段支えてもらっている方たちに伝えるべきと思い、この文章を書いています」とし「個人的に誰かの不倫報道などが出る度にそれは当事者同士の話であり、世間や社会がどうこういう問題ではないと思っています。その想いに今も変わりはありません。今回も責任を果たすべき相手は奥さんと子供であり、そこをクリアにし、家族が納得する結論を導きだせるのであれば、あとは外の人がそれ以上口を出すべきことではないと感じます」とコメント。

 それでも「ただ、再三に渡って奥さんに『もう会わない」』と伝えながら会っていたこと、メンバー間でも実際そういった不倫行為などがないか幾度か会話もしてきた経緯があり、その都度彼は『ない』と断言していた中での今回の報道に、僕たち自身が深く傷ついています」と裏切られたことにショックを受けていた。

 また桑原に対して「こんな中途半端でダサいことをするやつだったのか、と。また、目の前で何度も泣いて謝ってきたことに非常に違和感を覚えました。一年以上にも及ぶ関係、一時の気の迷いといったものではなく、確信的にそういった関係を続けてきた中で、バレた瞬間に泣いて詫びるその姿にです」と厳しい言葉を記した。

 「バレなければ続けていたということ、バレたから謝罪をしたことに納得がいきませんでした。謝罪ではなく『嫁と子供は一生不幸にさせない。不倫が世間にバレようと関係ない。俺は好きなように生きていく』。そう言われた方がどれだけ良かっただろうと思いました。不思議な虚無感に今なお襲われています」と心境も明かした。

 そして今後について「これからどんなふうに桑原と一緒に音楽を鳴らせばいいのか、現状イメージが湧いてきません」とし「時間をかけながらメンバー、スタッフとも会話を重ね、結論を出していければと思っています。そして何より、桑原の行為によって多大な被害を被ることになった奥さんと子供はこれからも僕たちの家族として、一生付き合っていく所存です。乱文になりましたが、今の僕たちの率直な気持ちです」とコメントを寄せた。

 文春オンラインによると、桑原は女性と昨年2月に飲み会で知り合い、約1年前から女性宅に入り浸るようになったという。桑原は10年ほど前に出会った妻と結婚し、19年5月に第1子が誕生している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月17日のニュース