長嶋一茂 ハワイでの“火遊び”であわや訴訟に「500万は取られていたでしょうね」

[ 2021年4月23日 20:55 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(55)が、23日放送のテレビ朝日系「ザワつく!金曜日」(金曜後6・45)に出演し、ハワイで起きた訴訟寸前のトラブルを明かした。

 日本が誇る最新技術を紹介するコーナーで、魚介類を急速冷凍するハイテクが登場。これにかけて、「凍り付いた瞬間」についてトークした。

 一茂は大好きなハワイに滞在していた時の“火遊び”について告白。「(飲食店の)カウンターの中のママさんといい感じになりまして、『今度デートしましょう』みたいな話になった」。LINEでスケジュール調整を続けたものの、タイミングが合わず、一茂が「ごめん、もう明日帰る」と返したところ、相手の態度がひょう変したという。

 相手からは「私はあなたのためにこの日とこの日とこの日、ずっと時間を空けてた。あなたを待ってるために。その分の拘束料下さい」という恐喝めいた言葉や、「あなたと男と女の関係になってるのに、このまま日本に帰ることは許さない」と、根も葉もない内容の返信が届いたという。不審に思った一茂が弁護士に相談したところ、典型的な詐欺の手口であることが分かった。

 LINEの文面が証拠として不利に使われることがあるようで、一茂は「ビックリしたのは、ハートマーク(の絵文字)を出してたらやばかった。LINEでハートマークはヤバいんだって。(相手が)『ハートマークが嫌だ』と言ったら、セクハラ訴訟になっちゃう」と話した。訴訟回避のために、手打ち料を支払わせるのが手口で、「(弁護士から)『一茂さん、本当に肉体関係がなくて良かったですね。会ったら500万は取られていたでしょうね』ということがありました」と説明した。

 ちなみに、“火遊び”の件は妻に話していないという。一茂が「これ、ちょっとママ(妻)に内緒なんだけどね」とつぶやくと、MCの「サバンナ」高橋茂雄(45)は「ママに内緒のことをゴールデンでしゃべってます」とツッコミを入れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月23日のニュース