阪神・藤浪、先発への思い語った 来季は「先発で15勝以上目標」

[ 2020年10月31日 20:38 ]

阪神藤浪
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が、31日に放送された関西テレビ「こやぶるSPORTS」(土曜後5・00、関西ローカル)にVTR出演。昨秋と今春のキャンプで阪神の臨時コーチを務めた山本昌氏(55)と対談し、先発への思いを語った。

 28日の中日戦(甲子園)で1カ月半ぶりに先発登板復帰を果たした藤浪は「悪くなかったですね。中継ぎの良い状態、感覚を継続できてマウンドに上がれたかなと」と手応えを口にした。また「ゲームの中で自分の投球ができるようになってきたので、今までの『どうやったらストライク入るんだろう?』って感じはなくなってきている。バッターと勝負できるようになっている。それは昨年までと違うところ」と語った。

 山本昌氏から「来年は当然、先発で勝負したいよね」と聞かれると「そうですね。自分の中では先発したいですね」と、力強く答えた。藤浪は「先発で15勝以上というか、長いイニングを投げてっていうのが自分の目標なので、それを達成できるようにやっていきたい」と来季への思いを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月31日のニュース