「空耳アワー」半年ぶり復活 ソラミミスト安斎氏の風貌にタモリ驚き ネットも「仙人みたい」

[ 2020年10月31日 19:19 ]

タレントのタモリ
Photo By スポニチ

 タレントのタモリ(75)が、30日深夜放送のテレビ朝日系「タモリ倶楽部」(金曜深夜0・20)に出演し、イラストレーター安斎肇氏(66)と久々の再会を果たした。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年3月から休止していた人気コーナー「空耳アワー」が、この日の放送で復活した。「空耳アワー」は、英語など外国語の歌ながら日本語に聞こえる部分を抜粋し、イメージ映像付きで紹介するコーナーで、28年続く長寿企画。安斎氏は、通称「ソラミミスト」と呼ばれるコーナーのナビゲーターを務めており、約半年ぶりの放送となったこの日も出演した。

 もともと長髪にひげ面の風貌だった安斎氏だが、半年で頭髪もひげも白髪になっており、タモリは「ちょっと会わないとこんな変わりますか?」ビックリ。SNS上には「ちょっと見ない間に安斎さん仙人みたいになってた!」、「安斎さんが浦島太郎みたいになっててびっくり」と驚きの声が上がっていた。

 今回の「空耳アワー」は「復活スペシャル」と題し、今週から2週連続で放送。シンガー・ソングライターで俳優の星野源(39)、女優・松たか子(43)がゲスト出演した。星野は「タモリさん、記念すべき復活の時に呼んでいただいて」とタモリに感謝し、松も「おめでとうございます。新作もあるそうで楽しみです」と期待を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月31日のニュース