伊藤健太郎「ほん怖」出演予定ドラマ差し替え テロップ複数回表示、「残念」「もったいない」の反響

[ 2020年10月31日 23:00 ]

伊藤健太郎
Photo By スポニチ

 フジテレビのリアルホラーエンターテインメント「ほんとにあった怖い話2020特別編」(後9・00)が31日放送された。

 番組開始1分過ぎと中盤に「番組の内容を一部変更してお送りしております」とテロップが表示された。オムニバス形式で実録心霊ドラマ10本立てが放送されたが、乗用車を運転中にバイクに衝突し、現場から立ち去ったとして道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで逮捕され、30日に釈放された俳優の伊藤健太郎(23)が主演し放送予定だった「探偵の手記」は差し替えとなった。

 「探偵の手記」は伊藤が探偵役、その上司役に吉田鋼太郎(61)、依頼人役を勝村政信(57)が務めることが発表されていた。

 出演ドラマ差し替えについてはSNSなどで「残念」「見たかったな」「仕方ないとはいえもったいない」「作品に罪はないから放送してほしい」などの反響があった。

 伊藤のテレビ出演については、ドラマ降板や映画情報番組の休止、バラエティーの内容差し替えなど各局が対応に追われた。一方で映画は出演の「とんかつDJアゲ太郎」は30日に予定通り公開、主演の「十二単衣を着た悪魔」も同様に11月6日に公開される。CMについては、起用した企業サイトが動画削除やキャンペーン休止するなどの対応を行っている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月31日のニュース