香川照之 暁星小&東大の後輩・伊沢拓司と初対面「収穫」バラエティー番組MC初挑戦

[ 2020年10月31日 08:00 ]

「クイズ!!試験に出るニュース」のMCを務める香川照之(左)と伊沢拓司は暁星小学校&東京大学の先輩後輩(C)TBS
Photo By 提供写真

 社会現象を巻き起こした7月期のTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)で宿敵・大和田役が大反響を呼んだ俳優の香川照之(54)が10月31日に放送される同局「クイズ!!試験に出るニュース」(後2・00~2・54)でバラエティー番組MCに初挑戦。名門・暁星小学校&東京大学の後輩でクイズ王の伊沢拓司(26)とMCコンビを組む。

 中学受験の際に出題されるようなニュースをクイズ形式にし、大人も一緒に記憶を辿りながら楽しく学べるクイズバラエティー。2人は今回、初対面。香川が「塾長」、伊沢が「講師」として番組を進める。

 解答者は小学校5~6年生。クイズ問題の解説は国際情報誌「フォーサイト」元編集長で同局「あさチャン!」(月~金曜前6・00)コメンテーターも務める堤伸輔氏が担当。クイズの後に堤氏がポイント解説をし、講師の伊沢が勉強方法のコツを伝授していく。

 ▼香川照之 伊沢くんがいることですごく助かるというか、バラエティーやクイズに特化している方の最先端技術を見た感じがして、こういうスピード感でやられているんだと。伊沢くんと会えたのは収穫だったし、とても勉強になりました。本当に勉強ができるタイプの人の話し方を久しぶりに聞きましたね。高いレベルを感じることができて面白かったです。難しい問題ではないけれど、こんなことも分からなかったんだ!という知識を再確認することができるクイズ番組なので、それを伊沢くんが分かりやすく解説してくれるのは面白いなと思いました。今の時代は大人と子どもがミックスされて、地球に大切なことをすべて勉強しましょうという、いい意味での学校といい意味での大人社会の融合の時代だと思います。そのことを再確認させられる番組ですし、すごくいい視点だったなと思いました。子どもはこれからの試験のために、大人は再確認と地球の環境のために考える時間になるのではないかと思います。

 (試験を控える小学生たちに一言)試験は大切なんだけど、総合的に強いエンジン、よく回るエンジン、疲れないエンジンの肉体・頭脳を構築した大人になってほしい。厳しい言い方になりますが、そのために試験程度はクリアしなくてはいけないかと。何物にも負けない強い人間になるために、いろんなことを超えていくために試験を1つのツールに。そんなものは目標でも何でもない。超えていくためのものとして、もっともっと強い本質的な、例えば物を大切だと思える大人になっていくために試験を使ってください!

 ▼伊沢拓司 香川さんは小学校・大学の大先輩ですし、解答者の皆さんが香川さんのことを一心に見ていらっしゃるのが分かるので、僕は心置きなく解説をし、解答者の解答に補足をすることができたので、本当にお世話になりました。子どもたちにとっては、どこに注目してニュースを見ればいいのかが分かりますし、大人にとってはいい復習になるような、大人も子どもも楽しめる番組だと思います。今回は、永遠不変のテーマも扱いますので、是非ご覧いただきたいです。

 (試験を控える小学生たちに一言)今回は小学生の皆さん、すごい方が集まっていたんですけど、やはりカメラと照明を前にしてしまうと、どうしてこんなことが思い出せないんだろうということはあるんですよね。でも、これって、試験本番も同じで、今まで経験したことがない環境なんです。そこで発揮できるのが本当の実力なので、焦っても受かるくらいの素晴らしい準備をしておくことが大事かなと思います。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月31日のニュース