北川悦吏子氏 トヨエツと“死闘”「物語は時を超える」名作「愛していると言ってくれ」特別版で“復活”

[ 2020年5月31日 08:00 ]

脚本家の北川悦吏子氏(撮影・小笠原真紀)
Photo By 提供写真

 過去ドラマの特別編放送が相次ぐ中、1995年7月期に放送され、社会現象を巻き起こしたTBS金曜ドラマ「愛していると言ってくれ」が、2020年特別版として本放送から25年ぶりに“復活”し、31日から4週連続でオンエアされる。いずれも日曜午後2時からの3時間枠(※一部地域を除く)。豊川悦司(58)常盤貴子(48)主演による恋愛ドラマの名作を生み出した“ラブストーリーの神様”脚本家の北川悦吏子氏(58)からメッセージが届いた。

 「愛していると言ってくれ」(全12話)は95年(平7)7月7日~9月22日に金曜ドラマ枠(金曜午後10時)で放送。幼い頃に聴覚を失った後天性聴覚障害者の新進青年画家・榊晃次(豊川)と、アルバイトをしながら劇団に所属し演技の勉強を続けている女優の卵・水野紘子(常盤)による言葉を超えた純粋なラブストーリー。

 視聴率は全12話平均21・3%、最終回で番組最高となる28・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大ヒット。「DREAMS COME TRUE」による主題歌「LOVE LOVE LOVE」も約250万枚を売り上げ、この年のオリコンシングルランキング年間第1位となった。手話サークルへの入会者が爆発的に増えたきっかけを生んだと言われ、第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞も受賞した。

 今回は特別企画として、豊川と常盤による“リモート同窓会”企画も全4回放送される。

 北川悦吏子氏のメッセージは以下の通り。

 この時代に、25年前の作品は何を訴えかけるでしょうか?

 23歳の初々しい常盤さんの演技は、30を過ぎたばかりの豊川さんと私の死闘(何度も何度も打ち合わせを繰り返して、ケンカもしました)は何を残したのでしょう。時を経て、作品の真価が問われると思います。そして、問われるに値する作品であるだろう、と期待を込めて、2020年版「愛していると言ってくれ」を見守ります。

 こんな時代がやって来るとは思わなかったあの頃に書いた作品は、みんなで必死に作った作品は、今の人たちにどう映るんだろう。そして、あの時、「愛しているとて言ってくれ」を見てくれてた人たちは、今どんな気持ちでそれをまた見るだろう。初めまして、の人と、またお逢いしましたね、の人。よろしくお願いします。

 何にしても、役者は演じ続けるし、私は書き続けるし、人は生き続ける。どんな時代になっても、人生は続いていく。世界は終わらない。たくましく恋をし続けるヒロイン・水野紘子が、あの「愛していると言ってくれ」の中にもいるんじゃないかな。そして、それを海のような広い心で受け止める榊晃次と。あの頃の私に負けないように、また頑張りたいです。

 そして、「愛していると言ってくれ」を大事にしてくれている視聴者の方たちに、今まで何人もお逢いしました。たかが、テレビ。されど、テレビ。物語は時を超えると、そして、人々を支え続けると信じています。

 ◆「愛していると言ってくれ 2020年特別版」放送日時
 5月31日(日)午後2:00~5:00
 6月 7日(日)午後2:00~5:00
 6月14日(日)午後2:00~5:00
 6月21日(日)午後2:00~5:00

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月31日のニュース