島袋寛子「こち亀」以来11年ぶりドラマ出演で母親役!伊藤英明主演「病室で念仏を唱えないでください」

[ 2020年1月17日 16:00 ]

「病室で念仏を唱えないでください」第2話ゲストで11年ぶりにドラマ出演する島袋寛子(C)TBS
Photo By 提供写真

 元「SPEED」の歌手・島袋寛子(35)が11年ぶりにドラマ出演することが17日、分かった。俳優の伊藤英明(44)が主演を務めるTBS「病室で念仏を唱えないでください」(17日スタート、金曜後10・00)の第2話(24日)にゲスト出演。川で溺水した子どもの母親・岡崎真理子役を演じる。

 原作は「ビッグコミック」増刊号(小学館)に現在も連載中の同名人気漫画。僧侶かつ救命救急医という異色の主人公・松本照円(しょうえん)の奮闘を通して「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問うヒューマンドラマ。伊藤は3年間伸ばした髪の毛を30センチ以上カット。丸刈り頭となり、所作を3カ月以上訓練してきた。

 島袋のテレビドラマ出演は2009年8~9月のTBS「こちら葛飾区亀有公園前派出所」第6話ゲスト出演以来11年ぶり。00年のSPEED解散後は女優としても活動。ミュージカル「モーツァルト!」「SONG WRITERS」などに出演した。

 また、シンガー・ソングライターのナオト・インティライミ(40)が、車で自損事故を起こし、あおば台病院救命救急センターに運び込まれた男・宮島隆弘役として第2話&第3話(31日)と連続ゲスト出演。ドラマ出演は2年ぶりとなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月17日のニュース