衛藤美彩“プロ並み”たい焼き作りに自信「誉めて伸ばしてもらった」

[ 2020年1月17日 22:02 ]

大阪市内で初主演映画「静かな雨」の先行上映会で舞台あいさつを行い、たい焼きをプレゼントされ笑顔の元乃木坂46・衛藤美彩
Photo By スポニチ

 元乃木坂46でタレントの衛藤美彩(27)が17日、大阪市内で仲野太賀(26)とのダブル主演映画「静かな雨」(監督中川龍太郎、2月7日公開)の先行上映会で舞台あいさつを行った。

 同作では、事故で新しい記憶を数時間しか留めておけない、たい焼き屋を演じている。役作りでは鉄板の温度調整が難しかったが、プロから「“いいね”“うまいよ”と誉めて伸ばしてもらった」と明かして笑顔。「ここにセットがあれば焼けます!」と、自身もプロ並みになったとばかりに自信ありげだった。

 昨年10月にプロ野球西武の源田壮亮内野手(26)と結婚したばかり。それに先立つ3月にグループを卒業したが、この作品はその前に撮影された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月17日のニュース