渡辺謙 女性パートナーについて初めて言及「協力してもらっている」

[ 2020年1月18日 00:00 ]

<ケイダッシュグループ 新年会>笑顔で写真に納まる(1列目左から)秋川雅史、南野陽子、高橋克典、川村会長、堺正章、押切もえ、長谷川初範(2列目左から)はなわ、スザンヌ、平祐奈、渡辺謙、トラウデン直美、麻木久仁子、原口あきまさ(3列目左から)岡田龍太郎、天野義久、永井大、大鶴義丹、渡辺大、岡田亮輔 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 芸能事務所「ケイダッシュ」グループの新年会が17日、東京・ゼックス愛宕グリーンヒルズで行われ、堺正章(73)、高橋克典(55)、渡辺謙(60)ら所属タレントが出席した。

 渡辺は、報じられている約20歳年下の一般人女性のパートナーについて初めて言及。当面の結婚予定については「そういう感じではない」としたが「トレーニングや体調管理をするときに食事などを協力してもらっている。これからもそうやって(関係を)続けていきたい」と公私で支えられていることを明かした。

 今年3月には東京・渋谷の「PARCO(パルコ)劇場」で主演舞台「ピサロ」(3月13日~4月20日)が控えている。「前半戦が今年のヤマ。僕にとって今年の正月は千秋楽の4月20日です」と気合をみせた。

 ただ「最近は、仕事を引き受けて後悔することも多いんです」とも。そんな渡辺に対し、堺から「私のような(事務所の)バラエティー班としては、謙さんみたいな大御所にぜひ、番組に出て欲しい」とオファー。高橋も「断った仕事はぜひ僕に!」と息のあったかけ合いをみせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月17日のニュース