山崎夕貴アナ 夫・おばたのお兄さんが聖火ランナーに「五輪に携わるのが夢のまた夢だったって」

[ 2019年12月18日 12:12 ]

フジテレビの山崎夕貴アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(32)が18日、同局「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。17日に発表された東京五輪の聖火ランナーで、夫のお笑いタレント・おばたのお兄さん(31)が選ばれたことについて語った。

 番組では東京五輪の聖火リレーを特集し、山崎アナが聖火ランナーに選ばれた一般人や著名人を紹介。すると「すいません、うちの夫、選ばれたんです。新潟県で走ります」と明かした。続けて、おばたのお兄さんのコメントとして「うれしい気持ちと同時に、オリンピックに携われるんだという責任が生まれました。地元の人や家族も喜んでいるので、その思いも聖火と一緒につなぎたい」と伝えた。

 来年6月5日に走る予定。山崎アナは「小さい頃からオリンピックに携わるのが夢のまた夢だったってことで、本当に喜んでました」と本人の様子を話した。キャスターの小倉智昭氏(72)は「(所属事務所の)吉本は、関係なく6月5日に仕事入れてくるような気がしますが、どうなんだろうね」と言ってスタジオの笑いを誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月18日のニュース