グルメ人・高嶋政宏、規格外のこだわり 寿司は「職人から直接…」共演者ドン引きの食べ方とは

[ 2019年12月18日 22:28 ]

俳優の高嶋政宏
Photo By スポニチ

 俳優の高嶋政宏(54)が18日、フジテレビ「超ホンマでっか!?SP」(水曜後9・30)に出演。食へのこだわりが強すぎるあまり、周囲がドン引きするほど常識外な寿司の食べ方を明かした。

 怒りをぶつける企画で高嶋は「料理を出しされてすぐ食べない人、ありえない!」と憤慨。「食べないで写真撮ったり、しゃべったりしていることがありえない」と現代の外食シーンではよく見かける光景に難色を示した。

 そして寿司の食べ方に話題が及ぶと怒りはさらに加速。「(寿司は)置いた瞬間に食べないと重力で潰れちゃうんですよ」と持論を展開し「だから俺、寿司職人から直接、口に入れてもらってたんですよ、あーんプレイ」と、衝撃的な食べ方をしていたことを明かした。

 これにはスタジオ一同ドン引き。高嶋は「たまたま並びにいた人に凄く嫌な顔されて、それからやめました」と弁明すると、専門家から「食べ物をすぐに食べたいというのは、子供や犬と一緒。人間の男としてよく今まで生きて来れられた。見た目、香り、器、盛り付けも料理の一つ」と厳しい言葉をかけられていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月18日のニュース