渡哲也 吉永小百合と10回目の共演“風物詩”CM、25日からオンエア

[ 2019年12月18日 22:58 ]

宝酒造「松竹梅」のCMに出演する渡哲也(左)と吉永小百合
Photo By 提供写真

 俳優の渡哲也(77)と女優の吉永小百合(74)が共演し、毎年この時期の“風物詩”となっている宝酒造「松竹梅」の新CM「令和初のお正月に」編が、25日から全国でオンエアされる。

 舞台は京都。同CMで10回目の共演となる吉永小百合(74)の「小さなよろこびに」との言葉に、渡が「大きなよろこびに」と返す。そして「令和」となって初めて迎える正月に向け、2人で力強く「たくさんのよろこびに!」と盃を上げるシーンが印象的な作品となっている。

 渡は2015年6月に急性心筋梗塞の手術を受けて以降、持病の呼吸器系疾患もあり仕事をセーブしている。だが、同社のCMは石原裕次郎さんから引き継いで32年目という深い縁もあり、約1年ぶりに仕事復帰し、今回のCM撮影に臨んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月18日のニュース