オリックス・吉田正、フルスイングにこだわる理由は…関テレ番組で赤裸々トーク

[ 2019年11月30日 05:00 ]

関西テレビ「こやぶるSPORTS」に出演の(左から)金村義明、こいで、小籔千豊、吉田正尚、本田望結、てつじ
Photo By スポニチ

 関西テレビ「こやぶるSPORTS」(土曜後5・00、関西ローカル)にオリックス・吉田正尚外野手(26)が登場。侍ジャパン、20年東京五輪、夫婦仲など公私に渡ってトークする。

 吉田正がフルスイングにこだわり続ける理由は「小さい時からの自分のスタイルを貫きたい。ケガもして怖さもあったが、体が覚えていて、ボールがくると強く振ってしまう」と語った。小学生の頃から週5~6回、二人三脚で練習に取り組んできた吉田正の父もVTRで登場し、当時を振り返る。実際にスタジオでもトスバッティングでフルスイングを披露。番組MCの小籔千豊(46)、アシスタント・本田望結(15)に熱心に打撃指導も。フルスイングの極意を語る。

 また「もちろん、プレッシャーもありましたが、すごくいい経験になりました」と、世界一に輝いたプレミア12を回想。シャンプーハット・てつじ(44)から「チーム(オリックス)で戦う時と違うんですか?」と聞かれると、「国歌を歌う時は重みがありました。あと…」とオリックスとの違いを語ると、「ツッコみにくい」(小籔)と出演者を困らせる。また、来年に迫った東京オリンピックへの思いも明かす。

 さらに「今年の契約更改は楽しみ?」「阪神タイガースにたまに嫉妬する?」など、きわどい質問をぶつけ、吉田正の本音を探る特別企画も。「夫婦仲は円満?」という質問には「先日、宮古島旅行に行ったときに、プールで〇〇ばかりしていた」と夫人がマル秘エピソードが暴露。最後は小籔に「同じ人前に出る仕事ですが、緊張もある中でどういう心構えで臨んでいますか?」とお悩み相談。小籔がアドバイスを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月30日のニュース